キャンメイクのプチプラ極細アイライナー♡もうアイラインには悩まない!!

スポンサードリンク



こんにちは!
mai*(@maicos_me)です。

「キャンメイクのアイライナーが、超プチプラなのに便利!」ということを聞いて、早速買ってみました💐

 

ラスティングリキッドライナー
クリーミータッチライナー

ラスティングリキッドライナー

極細のリキッドアイライナーです。

 

なんと筆の細さは0.1mm💗

汗、皮脂、こすれに強いのに、お湯で落とせます❣️

お値段は900円(税抜)

 

カラーバリエーションは2色

01 ブラック
02 ビターチョコブラウン

クリーミータッチライナー

こちらはペンシルタイプのジェルアイライナー。

繰り出し式になっていて、一度出すと戻りません。

少しずつ出して使いましょう‼️

 

1.5mmの極細芯で、スルスル描きやすい💕

汗や皮脂にも強いので、まつげの隙間を埋めるのにも役立つ❣️

粘膜にラインを引くと、皮脂の分泌を妨げてしまって目に悪いので、絶対やめましょう🙅‍♀️

ラインは粘膜の上に引くようにしましょうね(^^)

 

なんとお値段650円(税抜)

ちょっと減りが早いですが、650円ならOKですね💗

 

カラーバリエーションは2色。

01 ディープブラック
02 ミディアムブラウン

スポンサードリンク

スウォッチ

どちらもスウォッチをしてみました。

濃いめのブラウンなので、目力は出してくれつつも、きつい印象になりにくい❣️

にじみも少なく、くっきりとラインが引けます。

メイクで使ってみた!

ラスティングリキッドライナーはこんな感じ。

とっても極細のラインが引けます!

モチも良く、夜までキープされていましたよ🌟

 

フローフシがなくなるということで、モテライナーがなくなったら…と心配していましたが😓

私はこのラスティングリキッドライナーを使おうかなと思っています!

 

クリーミータッチライナーはこんな感じ。

先ほどのラスティングリキッドライナーよりは少し線が太いですが、細めラインの部類には入ります❣️

スルスルとラインが引けて、目元への負担が少ないと思いました🌸

 

アイライナーを引いた後にビューラーをすると、ちょっと線が薄くなってしまいました。

乾いた後にビューラーをすると取れづらいですが、バタバタしている朝は乾くのを待つ時間が取れないことも。

ビューラーをした後に、ラインが取れていないか確認するのがおすすめです💖

私はラインを描き足しましたよ(^^)

超プチプラアイライナーで目力アップ!

今回紹介したアイライナーは、2種類とも揃えても1550円(税抜)

1500円くらいするアイライナーも多いので、アイライナー1本分のお値段で2本買えちゃうのは嬉しい💐

 

プチプラアイライナーを2種類揃えて、自然だけど目元ぱっちり♡を作ってみましょう!

スポンサードリンク