【新色】セザンヌ パールグロウハイライト♡比較レビュー

スポンサードリンク



こんにちは!
mai*(@maicos_me)です。

セザンヌパールグロウハイライトから、新色が出ました❣️

02 ロゼベージュです💖

私は脂性肌で顔の凹凸が少ない方なんですが…

私と同じような特徴がある方には、どハマりするアイテムなんです❣️

価格は600円(税抜)

既存色の01 シャンパンベージュもお気に入りすぎて、底見えしてます🌹

一時期は店頭から消えていたほどの大人気アイテムです💖

2色の違いや使い方を紹介していきます!

パールグロウハイライトはなぜ人気?

ハイライターを使って顔にメリハリを出すことは、とっても大事です。

でも一歩間違えると、ツヤのはずがテカリに見えることも💦

特に夏場はテカリやすいので、メイクでさらにテカリに見える原因を作るのはNG🙅‍♀️

クリーム状のハイライターは、皮脂と混ざってくるとテカリに見えやすいです。

 

そこで使ってほしいのが、パウダー状のハイライター。

パウダーでお肌の表面をサラサラに仕上げておくと、少々テカってきても自然なツヤのように見えます!

パウダーのハイライターを比べてみました。

ホワイト系、ベージュ系、ラメやパールの大きさなどで、それぞれ個性があるんです。

その中でもパールグロウハイライトは、とにかく凹凸がきちんと出る‼️

お値段は超プチプラなのですが、デパコスのツヤ感にも引けを取らないんです。

2色を比べてみました!

01 シャンパンベージュ
肌色と比べて少し白めのカラー。
パーティーなどキラキラ感を重視したいときや、はっきり凹凸を出したいときはこちら。

02 ロゼベージュ
シャンパンベージュよりも肌色になじむ。
ナチュラルに仕上げたいときはこちら。

スポンサードリンク

使い方

基本の位置から紹介

ハイライターは、一般的にこんな場所に使います。
おでこ
鼻筋
目の周りのCゾーン
あご先

こんな使い方もできます!

フェイスパウダーがわりに使ってツヤ肌風に
塗ったか塗っていないかわからないくらい、うっすら塗るくらいでちょうど良いです!
塗りすぎるとギラギラして怖いです😱

チークに重ねるのも◎
マット系のクリームチークの上から重ねると、ツヤ系に質感チェンジ+持ちアップ!

アイシャドウのベースカラーとしても使える
アイホール全体に塗るベースカラーとしても使うことができます!

実際に塗ってみました

2色の使い分け方が@cosmeで紹介されていたので、マネしてみました💕

こちらの投稿を参考にさせていただきました!

 

新色のロゼベージュは、目の周りのCゾーンに入れると良いそうです。

既存色のシャンパンベージュは、鼻筋やあご先などの目立つ箇所に。

これまでは、既存色のシャンパンベージュで全て仕上げていました。

「目の下に入れるとキラキラしすぎるなぁ…」とは薄々感じていました😅

この使い分けをすれば、変なギラギラ感も出ずに適度な凹凸が出せます!

使い分けてナチュラルツヤ肌を作ろう!

既存色のシャンパンベージュでも大満足していましたが…

デイリー使いしやすいのは新色のロゼベージュ❣️

TPOや目指す仕上がりに応じて、使い分けてみましょう(^^)

無料でスキンケア解説シートがもらえます!

私は過去に基礎化粧品メーカーで働いていたこともあり、現在は医薬品メーカーの化粧品部門で、品質管理のお仕事をしています。

コスメや美容が昔から大好きなのですが、「コスメが好き」だけでは、綺麗になれないことに気づきました。

綺麗になるためには、『正しい知識を得ること』『時間的・金銭的にできることを知ること』の2つが必要です。

自己流メイク・スキンケアで失敗してきた私ですが、今では「お肌が綺麗!」「メイク上手だよね!」と言われることもよくあります。

正しく知って行動すれば、綺麗になるのは難しくありません!

 

期間限定で、『間違いがちなスキンケア』を解説しているシートを配布しています。

ぜひこちらから受け取ってください。

→無料でスキンケア解説シートをもらう♡

スポンサードリンク