クレンジングの目的・種類・特徴を徹底解説!自分に合うものの選び方もわかります♡

スポンサードリンク



こんにちは!
mai*(@maicos_me)です。

クレンジング剤は、メイクを落とすときの必須アイテム。

メイクをしたときは、クレンジングでメイクを落とすまでがセットです。

 

あなたは、メイクをきちんと落とさずに、寝てしまったことってありませんか?

メイクを落とさずに寝てしまうと、肌荒れや色素沈着の原因になって、お肌が荒れてしまいます。

でも、毎日時短クレンジングをしていては、お肌に負担をかけてしまうことも。

 

メイクをしたら、絶対にやらないといけないクレンジング。

肌に負担をかけすぎずクレンジングをするためには、正しい知識が必要です。

「毎日習慣でやっているだけで、そんなに詳しくないよ〜」というあなたも、この記事を読んでお肌に優しいクレンジング方法を学びましょう💗

クレンジングは絶対に用意しよう!

コスメを1から揃えるときは、何よりも先にクレンジングを選んでください!!

 

「メイクアップのアイテムは選んだけど、クレンジングは予算オーバーで選んでない😱」というあなたは要注意。

クレンジングを用意せず洗顔料だけを使っていると、メイクがお肌に残ったままになります。

綺麗に見せるためにメイクをしているはずなのに、クレンジングをしないことでどんどん肌悩みが増えて、綺麗から遠ざかります。

 

選び方はこの後じっくり解説しますので、「クレンジングを必ず用意する」ことだけ覚えておいてくださいね。

クレンジングの目的

クレンジング=メイクを落とす と知っている方は多いですよね。

実はクレンジングで落とすものは、メイク以外にもたくさんあるんです。

クレンジングで落とすもの♡
メイク
メイクと皮脂が混ざり合った汚れ
皮脂汚れ

毛穴の黒ずみ汚れ
毛穴の角栓汚れ

油性の汚れや、毛穴につまった汚れを落とすのがクレンジングです!

クレンジングはメイクだけを落とすものではないんです♡

スポンサードリンク

クレンジングの種類

クレンジングには、様々な種類があります。

クレンジングの種類♡
オイルタイプ
クリームタイプ
ミルクタイプ
ジェルタイプ
ウォータータイプ(水クレンジングと呼ばれるものです)
シートタイプ

また、クレンジングもできる洗顔料というものもあります。

オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは、メイクと素早くなじんでくれるのが特徴💕

時間をかけずにパパッとメイクをオフしたいときは、オイルクレンジングを選びましょう。

 

「乾いた手のひらで使う」タイプと「濡れた手でもOK」のタイプがあります。

濡れた手でもOKのタイプは、お風呂に入ってからクレンジングする方にぴったりです♡

ライフスタイルに合わせて、どちらが良いか選んでみましょう。

 

実は、テカリが気になっている人こそ、オイルクレンジングがぴったりなんです。

お肌の上には、皮脂とメイクが混ざった汚れが付いています。

皮脂汚れ=油汚れ  は、油で落とすとよく取れるんです♡

余分な皮脂汚れは、オイルクレンジングで落としましょう🌼

 

マツエクをつけている方は、オイルクレンジングを避けるようサロンで注意されたと思います。

オイルクレンジングを使うと、マツエクのグルーに作用して取れやすくなるんです。

マツエクをつけている間は、オイルクレンジングを避けましょう‼️

クリームタイプ

クリームタイプは、クレンジング時の摩擦が少なく、肌を傷つけることが少ないのが嬉しいです🎀

 

お肌に優しそうなイメージが強いですが…

油分が多いものの中には、オイルクレンジング並みに落とす力が強いものも。

水分が多いものは、落とす力が弱めでお肌に優しいものもあります。

クリームタイプ=お肌に優しい は、イメージに過ぎません。

 

「拭き取るタイプ」「洗い流すタイプ」があるので、購入前にきちんと確認しておきましょう💕

ミルクタイプ

メイクをオフする力が弱めなのが特徴です。

石鹸でも落とせる薄めのベースメイクをしている方や、敏感肌の方にピッタリです。

 

皮脂に強いファンデーション、ウォータープルーフのマスカラなど、こってりメイクを落とすのには不向きです。

目元用の部分クレンジングも一緒に使うなど、工夫してみましょう❤️

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、「水性」のものと「油性」のものに分けられます。

ジェルクレンジングという形は同じでも、「水性」と「油性」でかなり特徴が違うので、要注意です‼️

 

「水性」のものは、その名の通り水ベース。

油分が入っていない、もしくは入っていても少量です。

油分が少ないので、皮脂汚れが少し落ちにくい傾向にあります。

メイクが薄めの方にぴったりですね💗

 

「油性」のジェルは、オイルをジェル状にしています。

オイルクレンジングがジェル状になり、扱いやすくなった、というイメージです。

ウォータータイプ

コットンにクレンジング剤を染み込ませて、拭き取って使います。

メイクをしっかり落としたいけど、オイルのベタベタ感が苦手、という方にピッタリ。

 

水クレンジングには、オイルクレンジングのように「皮脂汚れは油で落とす!」ということができません。

その欠点を補って皮脂汚れを落とすために、『界面活性剤』が多く含まれているものが多くあります。

界面活性剤は、油と水をなじませるための成分で、皮脂汚れを浮かせる役割を果たします。

しかし多く含まれると肌への刺激になり、肌荒れの原因になってしまうことがあります。

容器の裏に書いてある、成分表示を確認してみましょう🙆‍♀️

シートタイプ

オイルタイプ、リキッドタイプなどのクレンジング剤が、あらかじめシートに含まれています。

とにかくすぐメイクを落として寝たい、失敗した箇所だけ落としたい、というときに最適💗

 

シートに含まれているクレンジングの量を考えると、普段のクレンジングの量よりは圧倒的に少ない…

少ない量のクレンジング剤で、メイクが落ちるようになっています。

便利ですが、最もお肌に負担がかかる方法なんです😱

毎日使うのは避け、メイクしたまま寝落ちしたいくらい疲れている日に使うようにしましょう‼️

お肌の負担を減らす使い方!

シートを重ねて使う!
 
拭き取ることによる摩擦で、肌にダメージを受けることがあります。

摩擦を減らすために、初めから使う枚数をまとめて出して、重ねて使いましょう。

折って重ねて、少しでもシートを分厚くして使うと、摩擦が減りますよ‼

なじませてから拭き取る!
 
拭き取りタイプはどうしてもお肌をこすってしまうもの。

できるだけこすらないために、10秒くらいシートを肌の上に置いてなじませてから拭き取るのも、有効な方法です。

部分用クレンジングを上手に使おう!

アイメイクやリップメイクなど、部分的にメイクが濃い場合は、部分用クレンジングを上手に使いましょう!

ウォータープルーフのマスカラを使っているときは、マスカラリムーバーに頼るのもおすすめ。

created by Rinker
プライバシー
¥617 (2019/12/10 17:24:38時点 Amazon調べ-詳細)

落ちにくいリップ用の、ティントリムーバーもあります。

使い方の注意

適量を使う!ケチらない!

どんなタイプのクレンジングを使う際も、適量を守って使うことがとっても大事です。

 

少ない量のクレンジングを無理に伸ばして使うと、お肌をゴシゴシと摩擦してしまいます。

クレンジング剤が顔の隅々まで行き渡らないので、髪の生え際など端の方が綺麗にクレンジングできないことも。

 

高いクレンジングをこだわって買って、少なめにケチって使ってしまうと…

お肌の老化や肌荒れを招いてしまうことも。

自分のお財布事情にあったクレンジングを選んで、ケチらず適量を使いましょう❣️

クレンジング剤をきちんとなじませる

クレンジング剤は、お肌に乗せるだけでメイクを落とせるわけではありません!

きちんとメイクとなじませて汚れを浮かせないと、メイク汚れは落ちません。

お肌に乗せる→なじませて汚れを浮かす→洗い流す のステップを意識しましょう💫

すすぎはしっかり!

クレンジングの後のすすぎが不十分で、クレンジング剤がお肌に残ったままになると、肌荒れの原因になります。

クレンジング剤が残るということは、クレンジング剤となじませたメイクも残っているはず。

汚れを落としたつもりが、部分的には汚れを残したままになっています。

汚れを残すような不十分なすすぎ方では、肌荒れの原因を作ってしまいます😓

結局、どれを選べばいいの?

「何を選べばいいのか、ますますわからなくなってきた!」というあなたへ、選び方を紹介します🌼

寝落ちしそうな日

シートタイプ、ウォータータイプ

シートタイプやウォータータイプは、「メイクをオフして即寝てもOK!」のものが多いです。

寝落ちしそうな日には、最後の気力を振り絞ってシートタイプやウォータータイプのものでクレンジングしましょう!

シートタイプはシートを出して拭くだけでOKなので、一番お手軽。

ウォータータイプはコットンでの拭き取りが必要になりますが、それでもお手軽ですよ。

メイクが濃いめの日、皮脂が気になるとき

オイルタイプ

オイルタイプは、メイクを落とす力に優れています!

メイクが濃い目の場合は、オイルタイプでしっかり落としましょう◎

そして『皮脂汚れは油で落とす』ので、皮脂やテカリが気になる時にも、オイルタイプはピッタリ。

お肌への優しさを重視したいとき

ミルクタイプ

お肌に優しいものを選びたいときは、乳液のように保湿できるミルクタイプがおすすめ。

お肌への優しさ重視でクレンジングを選ぶときは、メイクもお肌に優しいものを選んで薄めにするので、濃いメイクが落とせなくても問題なし🙆‍♀️

特に乾燥肌の場合は、必要な油分が奪われにくいという観点からも、ミルクタイプをおすすめしています。

クレンジングは毎日必要?

「薄めのメイクや日焼け止めだけの日には、洗顔料だけで済ませています。」というあなた、要注意です。

どんなに薄くても、メイクをしていたら、洗顔料だけでは落とせません‼️

 

メイクが薄くても、メイクしたのには変わりありません。

メイクと皮脂が混ざり合い、お風呂に入る時間には汚れになっています。

メイクした日は、必ずクレンジングをしましょう。

 

日焼け止めは、汗や皮脂に強い設計になっているので、意外と落としにくいものです。

日焼け止めだけ塗っている日も、クレンジングで落とすことが必要になります!

面倒なときはアイテム選びで解決!

「毎日クレンジングするのはめんどくさいな〜」というあなたに朗報。

洗顔料だけでオフできる、ファンデーションや日焼け止めが発売されています。

クレンジングしたくない日は、洗顔料だけでオフできるアイテムでメイクしましょう🎀

パッケージの裏などに『洗顔料でオフできます』と書いてあることを確認して、購入しましょう♡

 

そして、めんどくさがりさんにおすすめの最強アイテムが、資生堂のフルメークウォッシャブルベース

なんとお湯で流すだけでメイクが落とせる下地なんです‼️

クレンジングをサボってしまう日が多い方は、ぜひこれを使ってクレンジングいらずにしてしまいましょう💗

自分の肌質重視で選ぶ?ライフスタイル重視で選ぶ?

あなたはクレンジングを自分の肌質重視で選びますか?

ライフスタイル重視で選びますか?

どちらを重視するかによって、選ぶものは変わってきます。

 

クレンジングをしないで寝てしまうのが、最もお肌に悪いです

忙しい日でも、疲れている日でも、毎日クレンジングができるようにアイテムを選びましょう!

14日間のメール講座を配信中♡

私は基礎化粧品メーカーと医薬品メーカーにて、品質管理の仕事をしていました。

コスメや美容が昔から大好きなのですが、「コスメが好き」だけでは、綺麗になれないことに気づきました。

 

綺麗になるためには、『正しい知識を得ること』『時間的・金銭的にできることを知ること』の2つが必要です。

自己流メイク・スキンケアで失敗してきた私ですが、今では「お肌が綺麗!」「メイク上手だよね!」と言われることもよくあります。

正しく知って行動すれば、綺麗になるのは難しくありません!

 

今だけ期間限定で、2つのプレゼントを配布しております。

2つのプレゼントを配布中♡
スキンケアとメイクアップが7日間ずつ♡14日間のメール講座
『間違いがちなスキンケア』解説シート配布

ぜひ受け取って、綺麗になってくださいね♡

14日間のメール講座に参加する♡

スポンサードリンク