クレンジングの目的・種類・特徴を徹底解説!自分に合うものの選び方もわかります♡

スポンサードリンク



こんにちは!
mai*(@maicos_me)です。

クレンジング剤はメイクを落とすときの必須アイテム。
メイクをきちんと落とさずに寝てしまうと、肌荒れや色素沈着の原因になったりして、お肌には悪いことだらけ。

メイクするときは、クレンジングしてきちんと落とすまでがセットです。

クレンジングってたくさん種類があるけど、どれを選べばいいかわからない!

メイクアップは好きだけど、正直クレンジングには関心がない。落とせたら何でもいい。

家にあったクレンジングをとりあえず使っている。

そんなあなたも、クレンジングをもっと知って、綺麗なお肌を保ちましょう💕
少し長めの記事ですが、読んでいただけると嬉しいです。

クレンジングは絶対に用意してください。絶対です。

コスメを1から揃えるときは、何よりも先にクレンジングを選んでください。

メイクアップのアイテムは選んだけど、クレンジングは予算オーバー😱」
なんてこと、ありえそうですよね。
クレンジングを用意せず洗顔料だけを使っていると、メイクがお肌に残ったままになります。
せっかくの綺麗なお肌がすぐに衰えますよ‼

選び方はこの後じっくり解説するので、とにかく絶対に用意してください。

クレンジングの目的

クレンジング=メイクを落とすと知っている方は多いですよね。
実は落とすものって、こんなにたくさんあるんです!

メイク
メイクと皮脂が混ざり合った汚れ
皮脂汚れ

毛穴の黒ずみ汚れ
毛穴の角栓汚れ

主に油性の汚れや、毛穴のつまりを落とすのがクレンジングです!
メイクを落とすだけではないんです。

スポンサードリンク

クレンジングの種類

オイルタイプ
クリームタイプ
ミルクタイプ
ジェルタイプ
ウォータータイプ(水クレンジングと呼ばれるものです)
シートタイプ
など、様々なタイプのクレンジングがあります。
また、クレンジングもできる洗顔料というものもあります。

オイルタイプ

すぐに落とせて、さっぱりした感じに仕上がるのがポイント。
こってりメイクでも素早く落とせるのがありがたいですね💕

実は、テカリが気になる方にこそ、オイルクレンジングがオススメなんです!
油汚れは水では落ちにくく、油に溶ける性質があります。
お肌に溜まった油汚れは、オイルクレンジングで落としましょう🌼

「乾いた手のひらで使う」タイプと「濡れた手でもOK」のタイプがあります。
購入前、使用前にきちんと確認してくださいね。

またマツエクをつけている方は、オイルクレンジングを避けるようサロンで注意されたと思います。
オイルクレンジングを使うと、マツエクが取れてしまうので、マツエクをしている間は避けましょう‼️

クリームタイプ

お肌に優しいのが特徴💕
しっとりした感じに仕上がるのがポイント。
メイクとクレンジングが馴染むまで少々時間がかかりますが、お肌への負担が少ないクレンジングです。

皮脂を取り過ぎないので、洗い上がりがしっとりします。乾燥肌の方向きです!

「拭き取る」タイプと「洗い流す」タイプがあります。

ミルクタイプ

クリームタイプと同様に、お肌に優しく、メイクとクレンジングが馴染むまで、少々時間がかかり
「拭き取る」タイプと「洗い流す」タイプがあります。

こちらも皮脂を取り過ぎないので乾燥肌の方向き!

ただし、ウォータープルーフのこってりメイクを落とすのには向かないです。
全体はミルククレンジング、アイメイクなど濃い部分は専用クレンジング、と使い分けるときちんと落とせます。

ジェルタイプ

同じジェルでも、「水性」のものと「油性」のもので、特徴が違うんです。

水性のものは、油分が入っていない、もしくは入っていても少量です。
油分が少ないので、クレンジング力は弱めです。

油性のジェルは、オイルをジェル状にしているので、特徴はオイルクレンジングと同じです。

ウォータータイプ

メイクをしっかり落としたいけど、オイルのベタベタ感が苦手、という方にピッタリ。
コットンにクレンジング剤を染み込ませて、拭き取って使います。

水ベースなので、化粧水に含まれているような保湿成分がクレンジングなのに含まれている!というのも嬉しいですね。

油分の汚れを落とす力が強い「界面活性剤」という成分が多く含まれているので、メイクはしっかり落とせますが、必要な油分が落ちてしまいやすい、というリスクも。

シートタイプ

とにかくすぐメイクを落として寝たい、失敗した箇所だけ落としたい、というときに最適💗

シートに含まれているクレンジングの量を考えると、少ない量のクレンジングでメイクが落ちるようになっています。
便利だけど、お肌には最も負担がかかる方法です😱
毎日使うのは避けた方が良いですね。

少しでもお肌の負担を減らす使い方!
シートを重ねて使う!
拭き取ることによる摩擦で、肌にダメージを受けることがあります。
摩擦を減らすために、初めから2〜3枚使う!とわかっている場合、初めからまとめて出して重ねて使いましょう。
折って重ねて、少しでもシートを分厚くして使うと、摩擦が減りますよ‼

なじませてから拭き取る!
拭き取りタイプはどうしてもお肌をこすってしまうもの。
できるだけこすらないために、10秒くらいシートを肌の上に置いてなじませてから拭き取るのも、有効な方法です。

部分用クレンジングもあります

マスカラやアイラインはウォータープルーフのものを使用している方も多いですよね。
そんな落ちにくいアイメイク用の、部分用クレンジングがあります。

マスカラリムーバーという、マスカラを落とすための専用のものもありますよ!

最近はティントタイプのリップを使う方も増えましたね。
落ちにくいリップ用の、ティントリムーバーもあります。

使い方の注意

適量を使う!ケチらない!

どんなタイプのクレンジングを使う際も、適量をきちんと使うことがポイントです。

少ない量のクレンジングを無理に伸ばして使うと、お肌をゴシゴシと摩擦してしまって、肌老化の原因になります。
またメイクとクレンジング剤がきちんとなじまないので、せっかくクレンジングしてもメイクが残ってしまい、こちらも肌老化の原因になります。

高いクレンジングをこだわって買って、少なめにケチって使ってしまうと…
摩擦によって逆にお肌の老化を招いてしまうかも。

自分のお財布事情にあったクレンジングを選んで、ケチらず適量を使いましょう❣️

メイクとクレンジングをきちんとなじませる

メイク汚れなどの油による汚れと、水をきちんとなじませないと、汚れは落ちません!

クレンジングはただお肌にのせただけでメイクを落とせるわけではないです。
きちんとメイクとなじませて汚れを浮かせないと、落ちません。
早くなじむとされるオイルタイプでも、なじんだかどうか確認してから落としましょう‼

すすぎはしっかり!クレンジング剤をきちんと落とそう!

メイクを落とすためのクレンジング剤がお肌に残ったままになってしまうと、肌荒れの原因になります‼️
クレンジング剤が残るということは、クレンジング剤となじませたメイクも残っているはず。

きちんと落としているつもりが、肌荒れの原因をわざわざ作っていることになりますよ😥

種類がありすぎる!どれを選べばいいの?

ここまで読んでくださったあなたは、
「クレンジングって種類が多すぎる。どれを選べばいい?頭パンクしそう。」
って思っているはず。

そんなあなたへの選び方を紹介します🌼

とにかく早く落としたい!と思っている方には、シートタイプ、オイルタイプ、ウォータータイプがおすすめ。
シートタイプは、メイクをオフして即寝てもOK!のものも多いです。
寝落ちしそうな日にはこちらがおすすめ。
ウォータータイプのものは、コットンが必要になるので、シートタイプより手間はかかりますが、素早く落とせますよ。
オイルタイプは、メイクとクレンジングをなじませて落とすまでの時間が短い❣
洗顔料で二度洗いが必要なものもあります。

時間をかけられるので、お肌にやさしく落としたい方には、ジェルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなどがおすすめ。
メイクとクレンジングが馴染むまで少し時間がかかります。
その時間をフェイスマッサージ💗と思って有効に使うこともできますよ。
乾燥肌の方には、必要な油分まで奪われることが少ない、この3タイプがおすすめです。

参考までに…私はこれを選んでいます

私は前職の関係で、クレンジング専用の石鹸を使っています。
クレンジングの特徴や正しい使い方を詳しく知っているので、自分が正しく使えるものが一番いいかなと私は思って、選びました。

メイクしたまま寝落ちしそうな日って、肌に悪いとわかっていてもたまにあります。
そんな日のために、シートタイプのクレンジングも用意しています。

クレンジングは毎日必要?

「薄めのメイクや日焼け止めだけの日には、クレンジングをしないで、洗顔料だけで済ませています。」
という方、結構いらっしゃいますよね。
どんなに薄くても、メイクをしていたら、洗顔料だけでは落とせません‼️
薄くてもメイクはしているし、メイクと皮脂が混ざり合った汚れも発生します。
メイクした日は、必ずクレンジングをしましょう。

日焼け止めもお肌に塗っているのでメイクと同じと考え、メイクを落とすときと同様に、クレンジングで落とします。

最近は「洗顔料でオフできます」と書かれた、ファンデーションや日焼け止めもあります。
面倒な日は洗顔料だけで済ませたいな…と思っている方は、ベースメイク選びの際にパッケージをよく見て、洗顔料で落とせるものを選びましょう。

お湯で落とせるメイク下地があります!

資生堂のフルメークウォッシャブルベースという下地を使うと、
なんとお湯で流すだけでメイクが落とせるんです‼️

クレンジングをサボってしまう日が多い方は、ぜひこれを使ってクレンジングいらずにしてしまいましょう💗

自分の肌質重視で選ぶ?ライフスタイル重視で選ぶ?

あなたはクレンジングを自分の肌質重視で選びますか?
ライフスタイル重視で選びますか?
どちらを重視するかによって、選ぶものは変わってきます。

クレンジングをしないで寝てしまうのが、最もお肌に悪いです
きちんと続けられるタイプのものを選ぶのが美肌への近道ですよ‼️

スポンサードリンク