スキンケア方法を変えても肌荒れが治らないのはなぜ?理由は●●●にあった!

スポンサードリンク



こんにちは!
mai*(@maicos_me)です。

 

mai*
スキンケア方法を変えて努力しても、なかなか肌荒れが治らない😭

大学生の頃の私は、こんなことを悩んでいました。

化粧品メーカーに入社して、研修でスキンケアを学ぶと、お肌の状態は劇的によくなりました。

研修で学んだことを振り返り、大学生の頃の私は、肌荒れが治らなくて当然のことをしていたと気づきました。

 

スキンケア方法を変えても肌荒れが治らない場合は、過去の私と同じように、肌荒れが治らなくて当然のことをしているかもしれません。

この記事では、「スキンケア方法を改善しても肌荒れが治らない理由」を、3つの角度からお伝えします。

あなたもキレイにならない理由を解消して、正しいスキンケアをマスターしましょう‼️

スキンケア方法を変えても肌荒れが治らない理由とは?

大学生の頃の私は、スキンケアのことをたくさん調べて試しているつもりでしたが、肌荒れが治らない理由がありました。

当時の私は、いろいろ調べて実践してもすぐに自己流へ戻っていたんです。

自己流へ戻ってしまった原因も、気持ちの問題ではなく、ハッキリとした理由がありました。

 

スキンケア方法を変えても効果が出ないのは、『自己流に戻る』から

自己流に戻るのは原因がある。自分の気持ちの問題はではない。

自己流に戻らないための対策をしなければ、自己流に戻るんです。

ということは、自己流に戻る原因を知って、原因をなくせば、新しいことは身につきます。

自己流に戻る理由① すぐにやらないから

スキンケアを改善しても自己流に戻りがちな理由の1つ目は、『すぐにやらないから』です。

 

「えっ?すぐにやってるよ?」と思いましたよね。

あなたの考える『すぐにやる』って、いつですか?

スキンケアは朝と夜しかやらないから、すぐにやるとはいっても『今晩やる』くらいではないでしょうか?

しかし、『昼間にネットで見て知った方法を、夜に実践してみる』では遅いのです‼️

 

「同じ料理を後で作ろう!」と思いながら、テレビの料理番組を見たときを想像しましょう。

同じ料理を作りたいなら、メモを取ったり、番組ホームページでレシピを確認したり、『料理中に確認するための方法』を作りますよね。

どれだけ番組を真剣に見ていても、自分の記憶だけを頼りに料理するのは、ちょっと不安なはずです。

実際に、昼間に料理番組で見たものを、自分の記憶だけを頼りに晩ごはんで作ると、『それっぽい自己流』になります。

 

でも、スキンケアとなるとどうでしょうか。

『昼間にネットで見て知った方法を、夜に実践してみる』って、よくある話だと思うんです。

スキンケアも料理と同じで、昼間に知ったことを夜に実践すると、『それっぽい自己流』になります😢

 

昼間にネットで見て知った情報でも、夜にスキンケアを行うときは、もう一度同じページを開いて確認しながらやりましょう。

スポンサードリンク

自己流に戻る理由② 繰り返し確認しないから

スキンケアを改善しても自己流に戻りがちな理由の2つ目は、『繰り返し確認しないから』です。

 

人間は1日経つと、習ったことの大半を忘れていると言われます。

カナダのウォータールー大学の研究では、復習をしなければ、次の日には50%~80%のことを忘れていることがわかっています。

つまり、夜のスキンケアのときに正しいやり方を確認しても、次の日の夜には半分以上忘れています。

 

1日目は正しくできていても、2日目は忘れて自己流になる可能性が高いんです‼️

お肌に良いことを調べて実践しても、2日目から自己流になっていては、効果が出ないですよね😢

毎回確認することで、少しずつ記憶に残っていきます。

自己流に戻る理由③ 確認してもらう機会がないから

スキンケアを改善しても自己流に戻りがちな理由の3つ目は、『誰かに確認してもらう機会がないから』です。

 

自己流の間違った筋トレを続けて、ダイエットをしたいのに足を太くしてしまう人って、わりと見かけませんか?

『足が太くなる』という結果が出て、ようやく自己流で間違ったことをしていたと気づくんです。

もし自己流で間違ったことをしているなら、足が太くなる前に気がついて、修正したいですよね。

でも自分ひとりでやっていると、間違いを修正するどころか、『途中で自己流になった』ことにも気づかないんです。

自己流を防ぐためには、トレーナーさんのような詳しい人に確認してもらう機会が必要です。

 

化粧品の販売員さんは、研修の中で自分の使い方を確認する機会があるから、自己流を防いでキレイな肌を保っています。

自己流を防ぎたいなら、詳しい人に確認してもらう機会を作りましょう!

スキンケアの効果を出すためにやるべきこと

スキンケアの効果を出すためにやるべきことは、自己流に戻る原因を全部つぶすことです。

自己流に戻る原因をつぶす方法を、4つ紹介します。

スキンケアのやり方を見ながら実践

効果を出すためにやるべきことの1つ目は、スキンケアのやり方を見ながら実践することです。

使い方が書かれている本やスマホを手元に置いて、確認しながら実践しましょう。

 

でもクレンジングや洗顔って、本やスマホを手元に置いてやるのは難しいですよね。

手元に置くのが難しい場合は、直前に確認しましょう!

最低1ヶ月は確認しながら実践

効果を出すためにやるべきことの2つ目は、最低でも1ヶ月はやり方を確認しながら実践することです。

 

ロンドン大学の研究で、『水を毎朝飲むという簡単な習慣でも、習慣化するのに平均20日かかる』という実験データがあるそうです。

スキンケアのやり方を変えるのは、水を飲むよりはとても難しいので、習慣化するのにもっと時間がかかります。

なので私は、『最低でも1ヶ月は確認する』ことで、正しく習慣化することをオススメしています。

 

毎回本を開くのが面倒なら、メモを書いて貼るのもOK!

確認を続けられる工夫をして、毎回確認しましょう。

使い方パンフレットは取っておく

効果を出すためにやるべきことの3つ目は、使い方パンフレットを保管しておくことです。

 

商品を買ったときに、使い方のパンフレットをもらうことがあると思います。

使い方のパンフレットって、1回見ただけで捨てていませんか?

  • 昼にパンフレットを見て夜にスキンケアすると、「それっぽい自己流」になる
  • 夜のスキンケアをするときにパンフレットを見ても、次の日には半分以上忘れている
  • 習慣化するのは、水を飲むという超簡単なことでも平均20日かかる

こんな衝撃的事実をお伝えしてきました。

 

もう一度聞きます。

使い方のパンフレットって、1回見ただけで安心できますか?

安心できないですよね。

どんなに努力しても、人は忘れるんです。

忘れる自分を責めないで、忘れないための工夫をしましょう。

 

使い方のパンフレットをもらったら、何度も見返せるように保存しましょう。

物が増えるのが嫌なら、スマホで写真を撮って残しましょう!

他の人に確認してもらう

効果を出すためにやるべきことの4つ目は、他の人に確認してもらうことです。

 

デパートやエステサロンで化粧品を購入した場合は、アフターサービスとして使い方を確認してもらえる場合があります。

「確認してもらえる機会がない!」と思ったら、有料サービスを使ってみましょう。

 

使い方を確認してもらうことがなく、間違った使い方を続けて効果が出なければ、スキンケアに使っているお金も時間もムダになります。

正しい使い方に修正して効果が出れば、「スキンケアにお金と時間をかけてよかった♡」ってなりますよね。

今使っているお金と時間を全部ムダにするか、価値ある使い方にするか考えて、かしこくきれいになりましょう!

 

もし周りに聞ける人がいなければ、私に聞いてください♡

「化粧品メーカーの社員がやっていた、美肌づくりの方法」をお伝えできます。

↓こちらでお伝えしています↓

スキンケア方法を正しく変えよう!

自己流ケアを続けていたことが原因で、これまでお金も時間もムダにしていたと知ったら、ゾッとしますよね。

でも自己流に戻らずに、スキンケア方法を正しく変えることができるだけで、なんだか美肌へ近づきそうですね!

あなたも『自己流卒業』を重視して、スキンケアを見直してみませんか?

スポンサードリンク